半日ファスティングはどのようにやれば効果的?

“酵素ファスティング”とは、酵素によるファスティング(断食)の意味です。
具体的には、食事の代わりに酵素ドリンクと1日に必要な水分を摂取するほか、何も摂らないこと。

 

⇒【注目】すぐに痩せたい方はこちらをご覧ください(目標は48時間でー3キロ!?)

 

断食といっても、回教のラマダンのように、1カ月も続けるわけではありません。
期間は、半日・1日・週末(3日間)が現在の主流となっています。

 

中でも、期間が短い「半日ファスティング」は初心者向きとされており、まずはここからスタートする人がほとんど。

 

半日ファスティングの方法は、朝食の代わりに、酵素ドリンクを飲むだけ。
水分は、1日の摂取量とされる2リットルを必ず飲みます。

 

ただし、朝の酵素ドリンクからファスティングをスタートさせるのではなく、準備は、前日の夕食から始まっているのです。

 

【半日ファスティングの具体例は】

 

半日ファスティングの基本は、『夕食から、18時間、食事を摂らないこと』。

 

例としては、夕食を午後7時に終えたら、18時間以上を経過した午後1時に、昼食を摂るかたち。※朝食は酵素ドリンク。

 

もちろん、夕食後は、水分以外の夜食や間食、アルコールは禁止です。

 

このやり方を、週2〜3回、続けて様子を見ていきます。

 

酵素ドリンクのメーカーによっては、酵素ファスティングを、昼や夜に置き換えてもOK、としているところもあります。

 

どのタイミングでやればいい??

 

「半日ファスティング」とは、朝食か夕食のどちらかの1食、酵素ドリンクだけを摂取するファスティング方法です。

 

その他は、いつも通りの食事を頂きます。

 

【朝食を酵素ドリンクに】

 

例えば、朝食を酵素ドリンクに置き換えた場合は、どうでしょう?

 

前夜の20時に夕食を食べ、翌日の朝食を抜いて午後13時にランチを食べると、通算で12時間、ファスティングをした計算になります。

 

「なーんだ、1食抜きかぁ」「朝食抜きなんていつもよ」と思われるかもしれません。

 

厳密には、朝食を酵素ドリンクに置き換え、きちんと栄養素を摂取するわけですから、脳へのエネルギー供給不足が何かと問題になる“朝食抜き”とは異なります。

 

【夕食の置き換えも可能】

 

夕食を酵素ドリンクに置き換える方法もあります。
13時にランチを食べたとすると、翌朝、普通に朝食を食べるまで、18時間のファスティングとなります。

 

半日ファスティングは、酵素ドリンクさえ用意すれば、思い立った時に可能です。

 

他のさまざまなファスティングのように時間的な拘束がなく、準備期間や回復期間中の食事づくりの手間もありません。

 

精神的にも肉体的にも、最も負担感のない方法ですから、初めてのファスティングにおすすめです。

 

⇒【注目】すぐに痩せたい方はこちらをご覧ください(目標は48時間でー3キロ!?)