ファスティングに向いていないひとって?

体内に蓄積していた毒素を排出する酵素ファスティングは、ダイエットだけでなく、美容と健康への改善効果も高いもの。

 

成人から60代前半くらいまでの健康な人なら、広くお勧めできるダイエット/デトックス方法です。

 

⇒【注目】すぐに痩せたい方はこちらをご覧ください(目標は48時間でー3キロ!?)

 

ただし、次のように、ファスティングを避けたほうが良い場合もあります。

 

1.10代半ばの人

 

…ダイエットに興味が出るお年頃ですが、成長期は栄養価を最も必要とする時期。16歳を過ぎるまで待ちましょう。

 

2.生理中・生理前の黄体期

 

…生理痛がある場合、ファスティングという不慣れな状況をあえて作ることは、避けた方がベターです。
また、黄体期は、PMS(月経前緊張症)が起こりやすい時。
精神的に不安定になる人人には、おすすめできません。

 

3.妊娠中・授乳期にある人

 

…お母さん・赤ちゃんともに栄養を必要としている状態ですから、ちょっとガマン。時期を待つことが大切です。

 

4.激しい運動

 

…体力を消耗する激しいスポーツは避けましょう。ヨガやピラティスなどの軽い運動がおすすめ。

 

一方、ファスティングが禁忌とされている人もいます。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、肝炎、痩せ型の糖尿病、不整脈のある人などです。

 

この他に、慢性の病気によって長く投薬を受けている人も、ファスティングによって病気が重くなることがあります。

 

水分補給は忘れずに。脱水にご用心

 

ファスティング中は、酵素飲料だけを摂取します。

 

とは言っても、水分を忘れては片手落ち。
うっかりすると、脱水症状という、生命の危険にもさらされかねません。

 

以前、水の摂取を禁じた断食道場で死者が出たことがあったという、コワいお話もありました。

 

私たちおとなの身体の約60〜65パーセントは水分で、生命活動を維持するために、水は必要不可欠です。

 

一般的に、1人の人が1日に必要とする水は2リットル。
毒素や老廃物は、ファスティングによるデトックスによって、便、尿、汗などから排出されていきますし、睡眠時の呼吸によっても
水分が失われます。

 

【デトックスに水分は必須】

 

夏などは、喉が渇きますから、自然に水に手が伸びますが、
寒い時期などは忘れがちに。少しずつでも、必要量の水分を摂りましょう。

 

脱水は、体内の水分量がわずか2パーセント失われるだけで起こりはじめます。

 

特徴的な症状では、喉の渇きはもちろん、尿量の減少や頭痛・めまい・だるさ・吐き気があり、好転反応と似ていますが、注意が必要です。

 

脱水状態から血栓症が引き起こされると、最悪、突然死などというケースも。

 

外出時は水を携帯し、喉が乾いたらすぐに水分補給ができるようにしておくことが大切です。

 

⇒【注目】すぐに痩せたい方はこちらをご覧ください(目標は48時間でー3キロ!?)